幅広く対応可能!

アートメイクは眉とアイラインのみになりますが、2箇所でもメイクにとっては重要な部分となり、形や幅で印象を大きく変えてしまいます。眉を抜きすぎると生えてこなくなることが多いので、すっぴんになるとほとんど眉毛がない状態になってしまいます。アイブロウペンシルなどで眉を描けば印象も変わってきますが、知らない間に落ちてしまうこともあります。

すっぴん人によっては近所のコンビニや買い物程度なら、すっぴんで行ってしまうこともあります。でもほとんど眉がないと、すっぴんでも眉だけは描かないと買い物にも行けないのでは困ってしまいます。眉がうまく描けない、左右対称にならないなど眉に関する悩みはとても多いのです。

そんな悩みもアートメイクなら解決できます。アートメイクをするのは若い人というイメージが強いですが、20代~60代まで幅広い世代の人がアートメイクをしています。年齢とともに眉が薄くなることも多く、特に抜いたわけではないけど加齢による眉の減少などにも対処できます。大体3年は持ちますが、少しずつ薄くなっていくので3年後に再び施術をうければ綺麗な状態を維持できます。メイクの悩みを解消できること、3年ほど効果が続くことを考えると非常にコスパのいい方法でもあります。ちなみにアートメイクは医療行為ですので、必ず医師のいる美容皮膚科や美容外科での施術を受けるようにしましょう。

▼関連サイト▼
https://www.shirono.net/column/column_398.html
(アートメイク施術のメリットについて説明しているシロノクリニックのサイトです)

メイク崩れ対策に最適

化粧下地を変えるとか念入りな保湿をして肌が乾燥しないようにしていても、やっぱりメイク崩れは起きます。こればかりは体質や肌質、生活環境による違いはあるものの、メイク崩れは女性にとって大きな問題です。何をしてもメイク崩れを起こすと、メイクするのが憂鬱になってきます。そんな悩みをお持ちのなら、アートメイクをしてみてはいかがでしょうか?

メイク崩れメイク崩れを起こしやすい目元を、常にメイクしているような状態にしておけますし、メイクが落ちたり崩れたりするのを心配せずに済みます。アートメイクは表皮部分の浅いところに色素を入れる手法です。一度入れると3年前後は持つので、その間はメイク崩れが起きても眉やアイラインは綺麗なままです。

季節ごとに肌の状態は変わりますので、季節に合わせたスキンケアやメイクが必要です。必要とはわかっていても、毎日のこととなると意外に面倒です。とにかくメイク崩れを予防したいというなら、多少の汗ではびくともしないアートメイクを検討してみてください。眉もアイラインも希望に合わせてデザインできますので、自分に合ったメイクを維持できます。仕上がりも自然だから、言わなければアートメイクをしていることも気づかれません。

アートメイクは崩れない?

毎朝念入りにメイクをしても、時間が経つとメイク崩れを起こすことに悩む人は大勢います。肌質や季節などによっても変わりますが、頑張ってキレイに仕上げたメイクが崩れるのは本当に悲しいし残念なことです。メイクが崩れやすいのは、皮膚が薄い目元です。

アートメイク時間が経つとアイブロウが落ちてしまい眉が薄くなってしまったり、汗をかいてアイラインが滲んでしまったりというのもよくあることです。この場合はそのままにはしておけないので、急いでトイレやメイク室に駆け込みメイク直しをすることになります。もしもメイク崩れを防げる方法があったとしたら、知りたいと思う人は少なくないでしょう。

メイク崩れを予防する方法としておすすめなのが、アートメイクです。アートメイクが出来るのは眉とアイラインだけですが、メイクのポイントとなる部分だからアートメイクをしているだけで、メイクが崩れてもそれほど気にならなくなります。皮膚の表皮に色素を入れるので、いつもメイクしているのと同じ状態を維持できます。

汗をかいても目元はメイクが崩れないので、直すとしてもアイシャドウやファンデーションを重ねづけする程度でOKです。時間が経つと眉が薄くなって顔がぼやけてしまうのが悩みでも、眉が落ちることがなくずっと綺麗なままを維持できるので顔がぼやけることもありません。花粉症で花粉の時期はメイクができない人も、メイクをしなくても目元がはっきりするのでとても便利です。

Back to Top